転職エージェントを使うメリット・デメリット!うまく使うには?

転職するときに、うまく使うといいのが転職エージェントです。

転職エージェントというのは、転職希望者と企業の間に立って色々と動いてくれる会社のことを言います。

求人に応募するルートは大きく分けて

  • 企業に直接応募
  • 紹介業者を通じて応募
の2つがありますが、紹介業者というのが転職エージェントのことです。

転職エージェントは色々と転職活動の役に立つことを教えてくれるので、登録しておくといいですよ!

ただ、転職エージェントの言いなりになっていると、思わぬ方向に向かってしまう可能性もあります。

この記事で分かること
転職エージェントを使うメリットとデメリット

ちなみに転職エージェントは完全無料で使えますよ!

エージェントは使うとプラスになることが多いですが、時には毒になることもあるのでうまく使ってくださいね!

POINT
  • 優良企業の求人が見つかる
  • 書類や面接のサポートが手厚い
  • 内定後の交渉もエージェントがやってくれる
  • 合わない担当者がつくとストレスがたまる
  • エージェントの言葉に惑わされないように気を付ける

転職エージェントを使うメリット

ハローワークや転職サイトにはない求人が見つかる

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトにはない求人情報を持っています。

しかも優良企業の求人情報が多いです。

なぜかというと、優良企業は普通に募集すると大量に応募が来てしまうため、直接募集はせず、エージェントにある程度絞り込んでもらうんです。

また、業績が悪い企業はエージェントを使いません(というより、使えません)

これは、転職エージェントから紹介してもらった人を採用すると、採用した人の年収の30%に当たる金額を、エージェントに紹介料として支払う必要があるからです。

(採用された人の給料が減るわけではないので安心してください)

ハローワークは無料で求人情報を載せられますし、紹介料もいらないので、倒産寸前の企業の求人が載っていることもあります。

転職エージェントを使っているのは、大抵は業績のいい会社ですので、つぶれそうな会社に入ってしまう心配なく安心ですよ。

書類の添削をしてもらえる

初めて転職する人ですと、履歴書の書き方はわかっても、職務経歴書の書き方はわからないのではないでしょうか。

何を書いていいのか、どこまで書いていいのか、どんなフォーマットなのか

私はこのあたりが全くわからず、ずいぶん悩んで書きました。

それをエージェントの人に出したら、フォーマットが悪いと言われ、他にも直した方がいいところを色々と教えてもらえました。

あのままの状態で自分で応募していたら…と考えると怖いです(´;ω;`)

ハローワークでも添削していただけるようですが、転職エージェントの方が転職の質が高いと聞きました。

書類に不安がある方は、応募する前に見てもらってください。

試験や面接の内容を教えてもらえる

転職エージェントは、過去の受験者の情報をたくさん持っています。

ですので、実際に受ける前に

  • 筆記試験の形式(SPI、玉手箱、TG-Webなど)
  • 面接でどんな質問をされるのか
などを教えてもらえます。

筆記テストは形式によって傾向が全然違って、事前に対策をするのがとても重要なので、形式を教えてもらえるのはとても有利です。

面接も質問が事前にわかれば、どんなことを話そうか考えておけます。

会社によっては面接官の人数や雰囲気もわかります。

事前に情報を得られるのは大きなメリットですよ!

フォローをしてもらえる

エージェントは、転職させてなんぼの世界なので、色々とフォローをしてくれます。

  • 書類で落ちた時、別のポジションでの採用が見込めないか
  • 面接前にどんな人なのかを良く伝えてくれる
  • 面接で言いたくても言えなかったことを伝えてもらえる
など、色々とフォローしてもらえます!

私が内定をいただいたうちの1社は、最初は別のポジションで応募していました。

そこでは落ちてしまい、エージェントの方が別のポジションの求人はないか聞いてくれて、見つけたポジションです。

個人で応募していたら、別のポジションを提案していただけることはまずありませんので、エージェントならではのメリットですね。

内定後の交渉をしてもらえる

内定をいただいた後、入社までエージェントは色々と交渉してくれます。

  • 給料の交渉
  • 入社日の交渉
などが主な交渉内容です。

特に給料の交渉は、個人でするのは気まずいと感じる方もいらっしゃるので、エージェントが間に入ってくれるのはありがたいですよね。

入社日の交渉も、エージェントが間に入れば会社の言いなりになりにくいので、融通が利きやすくなります。

色々と自分で交渉するのは大変ですので、エージェントをうまく使ってください。

転職エージェントを使うデメリット

エージェントを使うメリットはとてもたくさんありますが、当然デメリットもあります。

参考程度に見ておいてください。

エージェント内選考で落ちることがある

転職エージェントによっては、エージェント内で選考をし、それに通った人だけが書類を送ってもらえる『エージェント内選考』があります。

つまり、行きたい会社に書類すら送ってもらえないことがあるということです。

エージェント内選考を実際にやっているのは、大手のエージェントが多いですね。

エージェント内選考で落ちたのか、書類選考で落ちたのかは転職者からはわかりません。

聞けば教えてもらえることもありますが、本当のことを言っているかどうかは怪しいです。

どうしても諦められない会社であれば、別の中小エージェントから再度応募してみるのも一つの手です。

ちなみに第一志望だった会社は、一度大手のエージェント内選考で落とされ、別のエージェントから応募したら内定がもらえました。

そんなこともありますので、あきらめないで行きましょう。

担当者と合わないとストレスがたまる

担当者も人間ですから、合う・合わないがどうしても出てきます。

親切な担当者は本当にこちらの気持ちに寄り添ってくれますが、残念ながら自分の都合ばかり押し付けてきたり、失礼なことを言ってくる担当者もいました。

担当者の変更もしてもらえるようですが、エージェントはいくつもありますから、私は合わない担当者がついてしまったところは使いませんでした。

合わない担当者と無理に付き合っていてもいい結果にはつながりません。

いくつか登録してみて、この人と一緒に頑張りたい!と思える担当者がいるところを使うのがおすすめです。

入社を迫られる

最初にも少し説明しましたが、エージェントは紹介した人が入社して、初めて利益につながるんです。

紹介した人が内定しても、入社しなかったら0円。

ですので、内定をもらうととにかく入社するように迫られます。

もしくは、確実に内定が出そうな、ちょっと難易度を下げた会社を紹介してきたりします。

エージェントは入ってしまえばそれで終わりで、後々まで面倒を見てくれるわけではありません。

エージェントの言葉に惑わされず、自分の思い描くキャリアが築ける会社に入社してくださいね。

転職エージェントを使うメリット・デメリットのまとめ

POINT
  • 優良企業の求人が見つかる
  • 書類や面接のサポートが手厚い
  • 内定後の交渉もエージェントがやってくれる
  • 合わない担当者がつくとストレスがたまる
  • エージェントの言葉に惑わされないように気を付ける
いかがでしたでしょうか。

転職エージェントの言いなりになるのはNGですが、自分の目標をしっかり持って、サポートを受ければいい結果につながるはずです。

やはり、テストや面接を受ける前に情報が得られるのは強いですし、面接の受け答えのアドバイスももらえるのは大きいと思います。

親身になって応援してくれた担当者の方には、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

エージェントを使うメリットはとても多いので、いくつか登録してみて、ここだと思ったところを使い倒してください!